Enjoy!鉄道模型! ~ご案内~

ブログ「Enjoy!鉄道模型!」は、2011年7月15日より開始したブログで、メインブログ「いつまでも青く、枯れても青く」の鉄道模型に関するカテゴリだけを独立させたものです。移行した記事は、メインブログ「いつまでも青く、枯れても青く」と共有していますので、画像の保管場所や記事同士のリンク先はメインブログの「いつまでも青く、枯れても青く」となっています。管理人をもっと知りたい方は、「いつまでも青く、枯れても青く」をご覧下さい。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代中盤
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

カーモデルなど処分しています。
マイ・オークションをごらんください

にほんブログ村ランキング・新着
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

近鉄特急集合!

pic20070826_1レールのクリーニングもやっと終わって、今日は近鉄電車を並べて見ました。最近、近鉄特急の完成車輌の発売が多くて嬉しいことなのですが、今までレイアウトが使えませんでしたので、買ってきても試走もしていませんでした。

線路に車輌をおいて走らせてみますと、長編成のために急勾配がちょっときつそうなものや、車輪幅がちょっと広くてポイント通過に問題がありそうなものとかがありましたが、動力機構自体はスムーズで問題あるようなものはありませんでした。本当は買うときに試走すべきなのでしょうが、私は店でケースから車輌を出すのが嫌いで、ついつい試走せずに買っちゃうんです。

近鉄電車の完成車輌は、特急は多いのですが一般車輌はほとんどありません。キットではけっこう一般車輌も数多くあるので、時間を作って車輌の製作を楽しいんでいきたいと思っています。できれば完全自作で、旧車の2200系や6300系を作って見たいのですが、Nゲージではなかなか無難しそうです。どちらにせよ、これからのんびりと模型趣味生活として70年代、80年代の近鉄の再現を楽しみたいです。

でも、ここだけの話。
私も愛知県に住んでもう25年以上。名鉄なんてと思っていた私が、最近名鉄の車輌にも魅力を感じ始めたりしています。私のレイアウトでは、近鉄電車と名鉄電車が同じ線路上を無造作に走る日も近いかも知れません。

なお、上の写真の後に見えるモノクロ写真は、私が若かりし頃に撮った近鉄10100系ビスタカーの3連編成の写真です。10100系の引退間近という頃で、その記念にA、B、C編成の3連運転が盛んにされていました。今でも大切な写真です。

pic20070826_2徐々にレイアウトを紹介していくということで、まずは走行に欠かせないコントロールパネルのご紹介です。完全な私の自作作品で、16個のポイントの切り替えと、8ブロックの電源供給と走行方向をコントロールできます。ポイント切り替え配線で1ヶ所断線があってハンダ修理しましたが、その他は今でも正常に機能します。15年前はこういうものを製作していたのですから、けっこうパワーがあったものです。

今日、ようやく近鉄電車をならべて写真が撮れましたので、「homo ludens」に「Warachan'sモデル工房・鉄道模型部」のエントランスバナーを追加しました。実際のオープンはもうしばらく先になりそうです。
スポンサーサイト
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

レールクリーニング中!

部屋の模様替えで、今までしまいこんでいた鉄道模型のレイアウトを引っ張りだしたことは先日の記事に書きました。

pic20070825_1  pic20070825_2

このレイアウトは、製作を始めたのが15年ほど前の古いものであり、しかもここ10年近くほったらかしにしていたためにレールの汚れがひどいのです。とても車輌を走らせるような状態ではありません。鉄道模型を詳しくご存じない方のために説明しますと、鉄道模型は2本のレールに電圧をかけそれを車輪を介して車輌に伝えてモータを回して走行します。ですから、レールが汚れているとレールの電圧を車輌に安定的に伝えることができずスムーズな走行ができないのです。

pic20070825_3  pic20070825_4

何年もの間に付いた汚れ(錆?)は頑固で、1500番の耐水ペーパでレール上面を磨き、そのあとレールクリーナで拭かないときれいに落ちません。耐水ペーパはレールを傷つけるのであまり良くないのですけど今回は仕方ありません。すぐに普通の車輌を走行させるのは怖いので、まずはレールクリーニングカーを走行させて状態を確認します。レールクリーニングカーは、トミックスの「国鉄電気検測車 クモヤ193系」で、ひとつの台車の車輪がヤスリになっていてそれが逆回転することにより、レールの汚れを削り取るというものです。仕組み的には荒っぽいので、さらにレール表面を傷つける気がしますが、最初はこの車輌でレールを馴染ませようと思っているわけです。

pic20070825_5  pic20070825_6

まだ未完成でプランもイマイチのレイアウトですが、私の本格的第一作レイアウトでありますので、少しずつ車輌のコレクションとあわせて記録に残していこうかと思っています。それ専用のホームページも作りたいと思っています。
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

昭和の鉄道模型をつくる~NO.4~

pic20070822_1週刊Nゲージジオラマ製作マガジン「昭和の鉄道模型をつくる」第4号。付属品は「ホームセット」のキットです。水曜日は勤務先の仕事が定時の日なので、少し自分の時間を持つことができます。こういう日に、ささっと形にしましょう。

その前に、第4号の冊子の内容ですが、今回はなかなか楽しい内容でした。阪急電鉄梅田駅の話も興味深いですし、HOペーパー車輌を作り続けて50年の達人の記事もいいです。思い出エンタメ劇場には、私の好きな「鉄人28号」がテーマとなっています。「鉄腕アトム」ではなくて「鉄人28号」というところが時代の寵児をわかっていらっしゃる。

pic20070822_2さて、本題のキットですが、パーツは左の写真の通りです。第3号の付属品の「駅舎」と同じ仕様で、ウェザリング塗装が施されています。製作手順は「ホームセット」の方がずっと簡単で、製作順序を注意する必要はありません。絵や完成写真を見ながら好きなように作っていけばOKです。細かいパーツは軟質のプラですので、折れたりすることにあまり気を使わずに扱えます。

また、「駅舎」に比べてパーツのゲート部分が目立つところになく、そういう面でも楽なキットとなっています。あえてタッチアップが必要なところはベンチの側面だけだと思います。接合部分はかなり密着性がありますので接着剤無しでもバラバラになることはありませんが、私は念のために接合部はすべて接着剤を付けて取り付けてあります。

ホーム端の白い手すりは太くてバリが目立ちますが、大きなジオラマの中に置かれるものですので、そのままでも全体の雰囲気を損ねるということは無いでしょう。私の場合も、デザインナイフで目立つところのバリをおおまかに取っただけです。プラ材質が薄いグレーなので、削ったところのタッチアップ塗装も必要ありません。

pic20070822_3 pic20070822_4出来上がると上の写真のようになります。レイアウトの線路上に置いて、第1号の付属品であった「車輌」と並べて見ました。なかなか味のある雰囲気になっていると思います。

明日発売の第5号の付属品は、「交番・詰所セット」です。だんだんと建造物が揃ってくるとベースボードに並べたくなってきますねぇ。
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

昭和の鉄道模型をつくる~NO.3~

pic20070814_1週刊Nゲージジオラマ製作マガジン「昭和の鉄道模型をつくる」第3号。今回は工作を楽しめる「駅舎」のキットが付属品としてついています。

よく見ますとこの駅舎の駅名は、「面影橋」と書いてあります。面影橋といえば、私の年代ですとついついこの歌を口ずさんでしまいます。

 ♪面影橋から~ 天満橋~  
 ♪天満橋から~ 日影橋~


昭和46年の歌です・・・。
駅舎もその時代の田舎によくあった形のもの。入り口にある電話ボックスも昔はこんなのでしたねぇ。今じゃ携帯電話の普及で電話ボックス自体が珍しい時代になってしまいました。

pic20070814_2さて、キットですが、パーツは左の写真の通り。さほど多くないパーツ数で、色もプラの成形色ではなくきちんと塗装されています。その塗装も壁や屋根に適度なウェザリングが施されてあって、そのまま組んでも充分にリアルなものに仕上がる内容になっています。

作り方は、冊子の9ページに写真入で組立て手順が書いてありますが。プラモデル製作慣れている人ならば箱に書かれている図だけで充分組み立てられるでしょう。ただ、箱の絵は一部間違いがありますので仮組みはきちんとすることが必要です。冊子の組立て手順で気になるところは、「ランナー付きパーツを指先でねじり切る」という記述。接着部分や見えるところがランナーとつながっていますので、ねじり切ったら絶対にきれいに仕上がりません。きちんとニッパーとカッターナイフは準備するように書くのが親切だと思います。

pic20070814_3組立ては冊子の手順とは異なった手順で作りました。右の写真のように、駅舎の建物は先に壁と屋根を組み立て、庇の柱は庇に接着し、その他の室内や屋外のパーツは土台に接着します。それを最後にあわせるという手順です。理由は、建物を強固に接着するには建物をきちんと組みつけたかったからです。

組みつけてみて気になるところは、改札と庇の柱の太く見えるところでしょうか。改札は少し細くなるように削ってみましたが、柱はそのままにしてあります。パーティングラインも目立ちますので、柱は一度整形したほうが見栄えはよくなると思います。しかし、レイアウトに使うものですから、絶対に手を入れなくては後悔するというものではありません。きっと風景の中に入り込めば些細なことは気にならなくなるものです。そういうことで、私も柱はそのままとしました。

pic20070814_4完成したらこんな感じに仕上がります。基本的には素組みですが、それでもこういう雰囲気あるものに仕上がります。なかなか風情があります。これから建物が揃ってくるとさらに魅力が高まっていくんだと思います。

完成した駅舎を眺めていると、ついついまた口ずさんでいました。

 ♪季節はずれの 風にのり
 ♪季節はずれの 赤とんぼ
 ♪流してあげよか 大淀に
 ♪切って捨てよか 大淀に

THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

模様替え完了!いざ、鉄道模型を楽しもう!

8月4日に佳境にはいったと書いたお話のその後です。

何をして佳境にはいっていたかというと、私の部屋の大掛かりな模様替えをしていたのです。今回の模様替えの目的は、鉄道模型を楽しめるスペースを確保するということ。かといってゆったりと音楽を聴いたり本を読んだりするスペースは無くしたくないし、パソコンに向かうスペースも切り詰めたくないという贅沢な要求があって、かなり難題な模様替えでありました。

pic20070813_1こういう時、大事なのはきちんとした計画。いいかげんに家具を動かしても効率よくありませんし、無計画だと模様替え自体を失敗することにもなりかねません。ということで書いたのが右の図。工作机とパソコン机を横並びにし、そこを作業スペースとしてまとめる。音楽を聴くスペースは、音場は悪くなるのは覚悟で現状のスペースをやや縮小。それであいた中央のスペースに高さの低い書棚などを集め、その上を鉄道模型のレイアウトスペースとして確保。模様替えの骨格は、だいたいそんな感じになりました。

pic20070813_2これでなんとかいけそうだと確信を持って家具の移動を始め、約2週間でなんとか形になりました。レイアウトスペースには、10年以上前から作り始めて未だに完成していない1000×1800サイズのレイアウトを仮設置してみました。しばらくはこのレイアウトで楽しむしかありませんが、近々、70年代の近鉄線の情景を織り込んだ新しいレイアウトを製作しようと目論んでいます。その時にはこの古いレイアウトは不要になりますので、解体するか誰かに譲るかしないといけません。作るのは面倒ではありませんが、処分するのはいつも面倒くさくていけません。

これで、鉄道模型をメインとした模型趣味を目一杯楽しめる環境が整いました。

・・・・・・・★

今日は一番上の娘と末娘がふたりだけで、ポケモンビンゴスタンプラリーに出かけました。フリーキップで名鉄電車乗り放題、スタンプ設置駅で降りてスタンプを押すというもの。ポケモン電車にも乗れて、十分楽しんだようです。こういう楽しい企画は大歓迎です。
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

昭和の鉄道模型をつくる~NO.2~

pic20070805_1先週木曜日発売だった、週刊Nゲージジオラマ製作マガジン「昭和の鉄道模型をつくる」第2号。発売日に買ったのですが、すぐに書くほどの内容ではないなと思って、今日まで引き伸ばしてきました。

第1号の割安感に比べると、この第2号はその反動をもろに感じます。今回の付属品は、トミックスの140mm直線レールとエンドレール。定価で数百円のものです。それが冊子がついているとはいえ1490円ですからね。

pic20070805_2冊子は毎号薄いものですが、「昭和の情景」と題して私たちの年代には懐かしい話題が掲載されています。例えば、この第2号は、鯨の竜田揚げとか脱脂粉乳とかトニー谷とかアイデアルとか・・・。でも、肝心の鉄道模型を作るという話題が少ない。価格からいっても、もう少し冊子の中身を充実してほしい気がします。

付属品のレールですが、この「昭和の鉄道模型をつくる」のためのトミックスの専用パックになっています。

中にはいっているレールは、ファインレールに変わる前の旧型道床レールのように見えますが、手元にある旧型道床レールと比べて見ますと、色は似ていても仕様は現在のトミックスファイントラックです。裏をみると道床プラスチックの成形色がグレーですし、ジョイントが改良ジョイントになっています。色も似ているようですが、道床部分は旧型がプラスチック成形色のままですが、付属品のは薄い茶色と濃い茶色で色付けされています。枕木の色も微妙に違うようです。

pic20070805_3比較した写真を撮ってみましたが、違いがわかるでしょうか。後ろが付属品のレールです。

第2号では、まだ工作の手を動かすことはできませんので、こんな楽しみ方が精一杯です。

・・・・・・・★

今日はとっても暑い一日でした。
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。